集客するには の記事一覧

お店のお金をかけずに使える集客法

お店の集客を考えた時、すぐできる方法の1つに看板による店頭集客があります。
店頭集客とはその名前のとおり、店頭を通る人を集客することです。
今回は看板による店頭集客についてお伝えします。

今あなたの店頭を通っている方はきっと、店の近所に住んでいるか、
近くに勤め先がある可能性が高いことになります。

続きを読む

インターネット集客をはじめる3つの理由

インターネットで集客を考えた際、自身のビジネスの顧客の年齢層が高い場合必要ないかをお伝えしたいと思います。

先日のセミナーの際「私のお店には、インターネットを見るような若い方はいらっしゃらないのでインターネットの集客は考えなくてもいいですよね?」
と確認された方がいらっしゃいました。

私は頭の中で「あれどこかで聞いたことのあるセリフだな…」
と思い考えていると…

続きを読む

口コミ効果で集客につながるSNSの考え方

昔ながらの集客に口コミがあります。
これは、人から人へ伝えるオフラインのものを想像しがちですね。
しかし現代の口コミといったインターネットを使った、エキテン、ホットペッパービューティーなどの口コミのページ。
そしてフェイスブック、ツイッターなどのSNSですよね。

続きを読む

成果の3Mにあてはめる集客メディアの選び方

前回に続き、美容室の若いスタッフさんにされた集客のメディアの質問にお答えしたいと思います。

私はセミナーの際、ブログやフェイスブックを使った集客をお伝えしています。
しかし、美容室の実際の休眠客(以前は来ていたのに来なくなってしまった顧客)に再来店を促す際、必ずといっていい程ハガキDMを使います。(それも3回も)

だからでしょかその方は
「本当のところオンラインとオフラインどちらを使うのがいいのですか?」
と聞いてきました。

続きを読む

見込み客獲得を加速させるSEO+SNSの仕組み

webマーケティングはSEOを意識して、ブログを使うことで見つけられるマーケティングが実現でき、そのために見つけられるブログの書き方をお伝えしてきました。
ここではSNSの拡散の役割についてお伝えしていきます。
一部の記事では、SNSを通して拡散をねらっていくこともお伝えしていますが、今回はブログとSNSをリンクさせる重要性をお伝えします。

続きを読む

マーケティングとは? ケネディ編

少し前にダン・ケネディの、マーケティングを成功させる、成果の三角形3Mをお伝えしたのですが、そのあとで、ケネディがマーケティングを定義しているのを読みましたので、これをお伝えしたいと思います。

ダン・ケネディのマーケティングの定義

「マーケティングとは、狙いを定めた人に対して的確なメッセージを、最適な方法で伝えること」

とありました。

狙いを定めた人→マーケット
的確なメッセージ→メッセージ
最適な方法→メディア
3Mになるわけですね。

おっ解り易いと思いながらも
そろそろ、休みをとって釣りにでも行きたいなぁと
頭でおもいながら読んでいたので
ついつい釣りのたとえに頭で置き換えてしまいました。

「魚釣りとは、狙いを定めた魚に対して、魚が大好きなエサを、最適な釣竿と仕掛けを使って目の前に落とすこと」
なんて思い、

マーケティングは大きくとらえると人間が昔からおこなってきた、
釣りという行為が経済活動に姿を変えて続いていると思ってしまいました。

またそうであれば、対象魚を絞りその日のエサを選び、状況に合わせて仕掛けを変える釣りはダイレクト・レスポンス・マーケティングそのものだとも。

来週はがんばって実践したいなと思います。

 

話はそれてしまいましたが、堅いマーケティングの話も
身近な自分の興味のあることに置き換えられるとビジネスに落とし込みやすくなるかもしれません。
妄想も役に立つかもしれませんね。

 

マーケティングを成功させる基本原則

ここではマーケティングを成功させるには、必ず押さえておかなければならない3M(スリーエム)をお伝えします。

成果の三角形3M(スリーエム)

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの権威であるダン・ケネディのマーケティング成功の基本的な原則に、3Mというものがあります。

続きを読む