リピート客を増やすサンキューレター5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、美容院の方からリピート客をもっと増やしたいので、サンキューレターをはじめたいが、よくわからないので教えてほしい。

こんな相談を受けましたので、美容院を例にサンキューレターのポイントをお伝えします。
ただ、このポイントは店舗経営をする多くの業界で使えるので、ご自分のお店に落とし込んで考えてみると良いと思います。

サンキューレターは初回客に必ず出す。

基本的に美容院のような、継続的なサービスを受け続けるような業種は来店の度、毎回出します。

なぜなら、顧客の依頼は毎回違います。

また顧客の状態が常に変わっていくからです。
それに対して、あなたが顧客に対してお礼とともに、変化に気づいてアドバイスを加えられことによって顧客との信頼関係が構築され、他店への浮気を回避することになるからです。

ただ、どの業界でも共通して大事なのは、初回客へのサンキューレターです。
はじめて、あなたの商品・サービスを購入した顧客は、まだあなたと接触回数が少なく信頼関係ができていません。
あなたのことを記憶に残すためにもこの機会を生かしましょう。

サンキューレターを出すなら3日以内。

「よくいつだすのがいいの?」
と聞かれることが多いのですが、
基本的には72時間(3日以内)に相手に着く方が印象に残ります。
欲を言えば、48時間(2日以内)です。
顧客は日々あなたのお店を忘れていきます。

3日もたてば、あなたのお店のことはかなり印象が薄くなっています。

サンキューレターはハガキがいい理由

高額品の販売でなければレターはハガキがおすすめです
なぜかというと、家庭への郵便物はそんなに多くはなく、見てもらう確率が高いからです。
なかでハガキは、裏を見るだけなので開封されないリスクもありません。

こういうお話をすると、メールではだめなのかということをよく聞きます。
なぜならハガキは有料だから経費が掛かるという考えです。

しかし見てみてください。
あなたのメールボックスを。

開封されないメールはどのくらいありましたか?
今や世の中は売込みメールであふれています。
その中に埋もれず見てもらえる確率を真剣に考えないといけません。

サンキューレターは手書きで出す理由

レターを書くのは顧客を担当した方が手書きで書くのが基本です。
顧客は、自分の担当してくれた方が直接自分の為に書いてくれたことに喜びを感じます。
その中に今後の信頼関係が生まれてきます。

間違っても、印刷してみんなに送ってますというものは送らないでください。
顧客は、効率的にビジネスベースにやっていますというものが透けて見えるものに敏感です。
まちがえなく、結果は逆効果に終わります。
気を付けてください。

サンキューレターの内容

来店への感謝の気持ち

依頼された注文の確認と結果化へのコメント

今後の注文事項の事を維持するためのアドバイス

これらの内容を顧客のためを思って書くのがポイントです。

まとめ

他の業種でもそうですが、顧客は人から商品・サービスを買いたいと思っています
それを忘れて、仕事だからとかビジネスライクとか思って行動していると、顧客は離れていきます。

自分の為に感謝や商品・サービスのアドバイスを受ければうれしいものです。
「あなたとの出会いに感謝します」という思いを形にした行為がサンキューレターです。

正直面倒くさいと感じた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし小さなお店が大手に負けずに、ファンを作りながら優良客と付き合っていくということは、そういうことなのです。
あなたはどういうお店にしたいと考えますか。

 

サンキューレターについての3つの質問にお答えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*