店舗オーナー必見!Googleマップに表示できる3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近店舗を経営している方からネットからの集客ということで
「地名+業種で検索すると最初に検索結果に出てくる、Googleマップの案内みたいのに出るようにするには、どうしたらいいですか?」
という質問をいただいたので、シェアしたいと思います。

実はこれMEO対策といいます。

MEO対策とは?

Map Engine Optimizationの略で「マップエンジン最適化」(アメリカではLocal SEOが一般的な表現)のことです。
自社の店舗情報などが、グーグルマップなどの地図サービスによる検索で上位表示されるよう工夫することです。

例えば「地名+寿司屋」「地名;カフェ」などを検索してください。
その時に↓のような地図が表示されます。

マップエンジン最適化

この表示のA,B,Cに載ってくるようにするがMEO対策です。

なぜMEO対策が必要か?

注目するべきは、Googleマップの検索時に一番上に出てきて、その後にそれぞれの業種のまとめなどの情報サイトがでてくる順番です。

MEOは、Googleマップに登録されている実店舗だけが表示されます。
そして、MEOをしっかり行っている店舗はまだまだ少ないと言えます。
ですから、検索においては、大手にもかてるということです。

それに、「地名+業種」で検索する人は、その地域での業種を探している人です。
地図を見たうえで、ホームページやブログに来る人は「今すぐ客」や「お悩み客」と言えます。

店舗なら強化しない手はないですよね。

MEO対策のやり方:上位表示させる3つのステップ

1. GoogleマイビジネスでGoogleプレイスを登録しGoogle +のページを作る

Googleのアカウントを持っていない場合は、登録してください。
アカウントができましたら、それぞれの項目をとばすことなくを丁寧に作りこんでください。

Googleマイビジネスに登録して必要な事項を入力すると、その情報はGoogle検索、Googleマップ、Google+に掲載される。
どんなデバイスないしサービスからでも、ユーザーが検索すればその情報が表示されるようになる。
ビジネスは住所、電話番号、営業時間などに加えて写真やバーチャル・ツアーを掲載することもできる。
またGoogleレビューを読んで回答することもできます。

注意点として
・写真はアップする画像の名前を店舗名にする。
・紹介文は丁寧に、お店の内容を検索キーワードを入れて書きましょう。

2. ネット上であなたのお店の情報がいっぱいでるようにする。

ネット上の他のサイトで取り上げてもらえるようにしてください。
その時に、次の3項目「店名、電話番号、住所」の情報は必ずGoogleマイビジネスと+と同じ書き方にしてもらう、あるいはするようにしましょう。

当然、自分で作ったFacebook、Twitter、ブログ、ホームページ
その他情報サイト「エキテン」「食べログ」etc

統一してネット上にお店の3項目が上がるようにしましょう。
そうすれば評価が上がっていきます。

3.クチコミ(レビュー)の書き込みをしてもらう

クチコミがもらえれば評価が上がります。
実は、まだこのクチコミの重要性に気づいていないところがほとんどです。
ですから、あまりされていません。
まだ、競合が気が付いていないのであれば、まさに「今」が上位表示のチャンスです。

まとめ

MEO対策として必ず今上げた3つに取り組んでください。
1.GoogleマイビジネスでGoogleプレイスを登録しGoogle +のページを作る
2.ネット上であなたのお店の情報がいっぱいでるようにする。
3.クチコミ(レビュー)の書き込みをしてもらう
これは、あなたがよくわからない広告にお金をかけるより、確実に成果の出る自分でできるものです。
競合に先を越される前にすぐにやりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*