口コミ効果で集客につながるSNSの考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔ながらの集客に口コミがあります。
これは、人から人へ伝えるオフラインのものを想像しがちですね。
しかし現代の口コミといったインターネットを使った、エキテン、ホットペッパービューティーなどの口コミのページ。
そしてフェイスブック、ツイッターなどのSNSですよね。

今回は、フェイスブック、ツイッターなどのSNSを中心に、美容室をモデルにしてお話を進めます。他の業種のあなたは自分の立場におきかえて、考えてみてくださいね。

2:6:2の法則で口コミ集客を考える

口コミをしてくれるお客様は、2:6:2の法則で考えることができます。

全体の2割が口コミを率先してくれる人。
6割が率先してはしてくれないが、人に聞かれれば答えてくれる人。
残り2割は口コミをしてくれない人。

こう考えた時8割の人はしてくれる可能性がある人ということです。

思わず嬉しくて投稿したくなる事をする。

考え方として、率先してはしてくれないが聞かれればしてくれるという6割の人が、思わず人に伝えたくなることを仕組みにしておくと良いですね。
その仕組みであれば、最初の2割は必ずしてくれるでしょうし、率先してしてはくれない人も、してくれる確率が上がります。

たとえば美容室では、仕上がったばかりヘアスタイルはお客様を一番引き立たせてくれます。
その時に、お客様のスマホなどに撮影して上げるととても喜ばれます。

お客様の見えるところに、ヘアスタイル仕上がり後にスナップをとりますという、告知のポップがあるとスムーズに勧めることができますね。

その時ついでにスタッフとの記念写真を撮らせてもらうのも、一つの手として考えられます。

そのうえで、SNSのプロフィールに使ったり、ブログやフェィスブックに投稿の事をお伝えすれば、お客様は投稿したくなりますよね。
できたら、あとにスタッフと取った画像を自店のブログなどに上げさせてもらえば、なおよいですよね。

まとめ

お客様の事を考えて、ためになり喜んでもらえる行為が、現代でも口コミにつながります。
口コミは、言い方をかえればレビューやビフォーアフターです。
良いレビューやビフォーアフターは、自店の評価と信用度を上げます。
是非簡単なことで、他店があまりやってない自店ならではの仕組みを考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*